本文へスキップ

登録販売者 合格講座で登録販売士を目指しませんか?

薬剤師と登録販売者の違い/登録販売者 合格講座

登録販売者 資格取得

登録販売者 合格講座

薬剤師と登録販売者の違い

大きな違いは2つ

1)処方箋に基づく薬の調剤ができるかできないか

2)第1類医薬品が販売できるかできないか

チェーンのドラッグストアや薬局などでは、薬剤師不足によりお客様に十分な情報が行き渡りにくい、という実態がありました。
しかし、一般用医薬品のうち、登録販売者が販売できる第2類・第3類医薬品の割合はなんと9割以上!
登録販売者は今後、薬剤師不足を補う人材として、期待が寄せられています。


■薬事法改正により、「登録販売者」が誕生

一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)の販売について、これまでは国家資格である「薬剤師」が必須とされていましたが、2009年6月施行の薬事法改正により、薬剤師とは別の医薬品販売専門資格が誕生しました。
それが「登録販売者」です。

今後ニーズ拡大が期待される分野なので、有資格者の少ない今、早めにスタートして取得するのが得策です!




ユーキャンの登録販売者合格指導講座

■ドラッグストアや薬局でニーズ大!
登録販売者は企業にとって大きな戦力!
一般用医薬品を扱う小売業での就・転職に有利!

職場は全国に!
引越しなどをしても再就職先が見つかりやすい!


■資格手当で収入アップ!
ドラッグストアや薬局では、資格手当を設けていたり、
時給を高く設定しているところもあります。
現場でのスキルアップにも◎


■初めての方でも標準8ヵ月でOK!
初めての方でも標準8ヵ月でムリなく合格力を養えます。

ポイントや重要度が分かりやすいテキストなので、効率的に学習できます。
実務で役立つ副教材もバッチリ!


登録販売者に興味を持ったら迷わず無料資料請求しましょう!