本文へスキップ

登録販売者 合格講座で登録販売士を目指しませんか?

登録販売者/登録販売者 合格講座

登録販売者 資格取得

登録販売者 合格講座

登録販売者

■資格内容

大衆薬を販売できる専門家 
平成21年の改正薬事法施行により、「登録販売者」の有資格者が常駐する店舗において、薬剤師がいなくても、第2類、第3類の一般用医薬品(大衆薬)を販売できるようになった。登録販売者の資格取得は、医薬品の効き目やリスクについて購入者に情報提供したり、相談に応じたりできる資質の証になる。
(注)第2類(リスクが比較的高いもの):主なかぜ薬、解熱鎮痛薬、胃腸鎮痛鎮けい薬等。第3類(リスクが比較的低いもの):ビタミンB・C含有保健薬、主な整腸薬、消化薬など。
なお第1類(特にリスクの高いもの)は薬剤師のみ販売できる。


■取得方法

分野別得点と全体平均点を見る 
各都道府県知事が行う資格確認試験に合格する必要がある。申込方法は各都道府県のホームページを参照する。複数の都道府県での受験も可能。試験項目は5つの分野からなっている。実務経験の要件がある。


■試験情報
受験資格: (1).平成18年3月31日以前大学に入学し薬学の正規の課程を修めて卒業した者。(2).平成18年4月1日以降に大学に入学し薬学の正規の課程(6年制課程)を修めて卒業した者。(3).高校を卒業し、1年以上薬局・一般販売業・薬種商・配置販売業・店舗販売業で一般用医薬品の販売実務に従事した者。(4).4年以上薬局・一般販売業・薬種商・配置販売業・店舗販売業で一般用医薬品の販売実務に従事した者。(5).(1)~(4)に掲げる者と同等以上の知識経験を有すると都道府県知事が認めた者。外国薬学校卒業者。高卒程度認定試験合格者で1年以上薬局・一般販売業・薬種商・配置販売業・店舗販売業で一般用医薬品の販売実務に従事した者。
 ※「実務に従事」とは、一般用医薬品の ア販売等を直接行ったこと、イ販売時の情報提供を補助する業務・内容を知ることができる業務、ウ相談の対応を補助する業務・内容を知ることができる業務、エ販売制度その他の説明の方法を知ることができる業務、オ管理及び貯蔵に関する業務、カ陳列及び広告に関する業務、キ薬剤師・登録販売者の管理及び指導の下での業務。
試験項目: 多肢選択式=(1)薬事に関する法規と制度、(2)医薬品に共通する特性と基本的な知識、(3)人体の働きと医薬品、(4)主な医薬品とその作用、(5)医薬品の適正使用と安全対策
申込期間: 各都道府県ホームページ参照
試験日: 各都道府県ホームページ参照
試験地: 各都道府県で実施
受験料: 各都道府県ホームページ参照
受験者: 5,477人(東京都:平成22年10月)
合格率: 47.4%(東京都:平成22年10月)



■問い合わせ先

各都道府県登録販売者試験担当




ユーキャンの登録販売者合格指導講座

■ドラッグストアや薬局でニーズ大!
登録販売者は企業にとって大きな戦力!
一般用医薬品を扱う小売業での就・転職に有利!

職場は全国に!
引越しなどをしても再就職先が見つかりやすい!


■資格手当で収入アップ!
ドラッグストアや薬局では、資格手当を設けていたり、
時給を高く設定しているところもあります。
現場でのスキルアップにも◎


■初めての方でも標準8ヵ月でOK!
初めての方でも標準8ヵ月でムリなく合格力を養えます。

ポイントや重要度が分かりやすいテキストなので、効率的に学習できます。
実務で役立つ副教材もバッチリ!


登録販売者に興味を持ったら迷わず無料資料請求しましょう!